ライブダンジョン!(冷徹な主人公が魅力)

11月 22, 2020

掲載サイト:小説家になろう 作者:dy冷凍

ストーリー紹介ここから~

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライブ中継で見た努は絶句した。戦略のせの字も無いゴリ押し。不遇のヒーラー職。ゲームでは白魔道士を愛用していた努は白魔道士の復権と、異世界脱出の鍵を求めダンジョン制覇を目指す。

~ストーリー紹介ここまで

ライブダンジョン!はなろうの中でも2016年4月から2019年11月まで連載された比較的古参の作品の一つです。

MMORPGの世界に潜り込む異世界転生ものでこのライブダンジョンの世界は比較的オーソドックスな形。

タンク(盾役)アタッカー(攻撃役)ヒーラー(回復役)の三つをうまく組み合わせて攻略する。

しかし、この異世界ではこの役割がうまくいっておらずに脳筋・ごり押し上等、パーティーの中でも重要なヒーラー職(白魔導士)が逆に不遇職として馬鹿にされる世界です。

そんな白魔導士に転生した主人公が馬鹿にされながらも実績を残し、認められ、異世界脱出のカギを握るダンジョン制覇を目指す。

ストーリー的には非常にシンプルな話となっています。

どうしてそんなシンプルな話が面白いのか?

まずは逆境からの成り上がりという胸のすくような展開

知識と努力、戦略性を重視した攻略は単なる異世界チートとは違ってどうやって攻略するのか?とこれからの展開を想像してどんどん読み進めてしまいます。

後半につれて盛り上がっていく展開主人公はどういう決断を下すのか?と最後までわくわく・ドキドキさせてくれます。

単純に世界観を広げるのではなく、あくまでも決まった目的に対して単純ながらも奥深い、そんな作品です。

良かった点

・パーティーシステムなどの戦略性

・チートでなく知識と努力で攻略

悪かった点

・話が長い(悪いとも言えないが)

・主人公の性格(人によって合わない)

おすすめ度 ★★★☆☆

全411話とかなりの超大作になるので読むのに覚悟が必要ですが、1章だけでも読んでも損はないと思います。

なろうで読む→ライブダンジョン!

続編(作者ブログ)→ライブダンジョン!後日談続編

書籍化→ライブダンジョン! 支援回復のススメ (カドカワBOOKS)

コミカライズ→ライブダンジョン! 1 (ドラゴンコミックスエイジ)