転生!異世界より愛をこめて(コメディとシリアスの格差!)

11月 22, 2020

掲載サイト:小説家になろう 作者:便所

ストーリー紹介ここから~

世界は俺中心に廻っている、そんなふうに考えてた時期が俺にもありました。えぇ、そんなことはないんです。世界は金で勝手にクルクルやってるみたいでして、それはもう俺の意思なんて関係なく、日々飽きもせず大回転ですよ。

ふとそれに気づき始めたのは高2の夏でして、いくら待っても美少女は降ってこない、どこぞやの組織に拉致されない、授業中にテロリストやってこない、もう俺なんで生きてるんだろう、某涼宮さんじゃないんですけどね、自分の小ささというか現実とかいう糞みたいな物を受け止めざるを得ないなぁなんてそんな悟りを開き始めてた時期だったのですが、俺は勘違いしてたんですね。

そういう何かしらのチャンスっていうかオポテュニティ?そういうものがあっちから訪れる訳がないということに気付くんです。

ああ、なぜもっと早く気づかなかったんだろう、だけどそれに気づいた俺が歓喜してる暇なんてない。すぐさま行動に移しましたとも。そしたらね、死んじゃいました(笑)   俺、転生。

~ストーリー紹介ここまで

なろうの中でもかなり古い作品ですね。

紹介されているサイトも多く、書籍化もされている有名な作品です。

とにかく最初から笑える展開で話に引き込まれる!

まず死んだ原因が唐突すぎる!

以下ストーリー抜粋

「お前の死ぬ時の映像見てみる? 笑えないから」

 神様がそう言うと、俺の返事を待たずに目の前にスクリーンのようなものが具現化し、そこには見覚えのある景色が映っていた。

『うし、いくか』

 そんな声とともに俺が画面に映し出される。青空をバックにビルの屋上で嬉々とした表情を浮かべる俺は正直カッコよかった。

『普通に飛び降りるのも面白くないな』

 画面の中の俺はそう呟きながらフェンスギリギリまで後ろに下がっていく。

 そういえば助走をつけて飛び降りたんだった。

 画面の中の俺は結構本気で助走した後、そのまま飛び降りてしまった。

『イヤッホォウウウウ!! 風圧風圧ゥ!!』

 なにか訳のわからないことを叫びながら落下していく。

 ここで俺の顔がアップで映し出される。風圧で少し歪んだ顔は、これでもかってくらい嬉しそう、というより自信に満ち溢れた表情だったのだけれども地面が近づくに連れて真顔に変わっていった。

『え!? ちょ、え!?』

 最後にその言葉を残したあと、スクリーンの映像はぷつりと消えた。

~ここまで

ここまでバカバカしい死因の主人公はこの作品唯一ではないでしょうか。

そして転生してからもいきなり死にます

神様に唯一もらった創造能力、それによってもたらされたのは・・・こんにゃく!!!

こんにゃくを駆使して地上への激突を防ごうとしますがあえなく爆死(意味が分からない

その勢いをたもったままの怒涛の展開

困ったときはこんにゃく、何があってもこんにゃく(まさにこんにゃく無双

久しぶりに腹を抱えて笑わせてもらいました!

そこでまさかのシリアス展開!

コメディからのこのシリアス展開は本当に唐突で、衝撃的でした・・・

作風がいきなり変わったかのような鬱展開は読んでいて非常につらいものがありましたが、読む手が止まらない・・・

まさかの第二部が開始されており、もし読んでない方は読まないと損なレベルの傑作だと思います!

良かった点

・笑わせる展開

・こんにゃく

・衝撃の展開(賛否両論)

悪かった点

・二部は蛇足、しかも更新停止

おすすめ度 ★★★★☆

この作者さんの作品は、他に学園無双の勝利中毒者音使いは死と踊るなどがあり、どちらも非常に面白いのですが更新が止まっています。

唯一完結したのが今回の転生!異世界より愛をこめて現在第二部が開始されたが更新停止)くらいで、どの作品も完結が見込めないのがネック・・・

ネタにつまるならあっさりと終わらせればいいのに・・・という作品ばかりで安心して読めないですね。

ただ今回紹介した転生!異世界より愛をこめては一応5年前に完結した作品ですので、1部だけは安心して読めますよ!

なろうで読む→転生!異世界より愛をこめて

書籍化→転生!異世界より愛をこめて (オーバーラップ文庫)