たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。

1月 2, 2021

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。情報(粗筋・掲載サイト・作者など)

掲載サイト:小説家になろう 作者:藍藤 唯

物語の流れとしては


コロッセオでただ強いだけで華がないと不人気なチャンピオンで主人公のフウタ
華がないということは、観客に魅せる闘剣においては、致命的な問題だ。
悩みぬいた主人公は魔が差して八百長に手を染めてしまう。

そのことが発端で主人公はコロッセオどころか国さえ追われてします。

路銀も尽きて野垂れ死にも覚悟したとこに現れた少女
その少女は実は・・・・

というような展開から物語は始まります。

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。個人的なレビュー・感想など

華がない主人公ということで今一つ読む気にならなかったんですが、グリモワールリバースと同じ作者ということで今回この作品も読んでみました。

そうしたら期待通りに面白かったんですよ。

確かに主人公には華がないんですが、主人公以外のキャラクターが個性的で目立っている。
つまりこの作品は、主人公を中心に話は進んでいきこそすれ、
実際は主人公は主人公以外のキャラクターを盛り立てるためのスパイスになっている形ですね。

闘剣ということでバトルが中心になっているんですがこのバトルも面白い。
・特徴的なキャラクター達と様々な戦い方
・主人公以外のキャラクター達の複雑な背景
・センスの光る詩的で中二病な表現
・解説

といった様な様々な要素でバトルを盛り上げてくれます。

特に面白い、特徴的だと思ったのは試合中の解説
これは闘剣を盛り上げるために途中から主人公が担うことになるのですが、的確で興味深い解説で試合を盛り上げてくれます。
バトルものでこれだけ解説に力を入れた作品は自分は見たことがないですね。
コメディ要素も強くシリアスとのバランスが秀逸ですね。

最後に個人的な意見ですが、これだけ面白いバトルを描き続けるのはそろそろ限界じゃないかと心配しています。

作者さんには頑張ってもらって最後まで突き抜けてほしいところですね。

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。評価

良かった点

主人公以外の登場人物が特徴的で魅力的

バトル描写と実況

悪かった点

単調かな

おすすめ度★★★★☆

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。を読む

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。←なろう

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。書籍化情報その他

WEB版に加えて店舗特典、短編などいくつかの特典が付いているようです。