【完結】Sランククランを追放された事務職DTおっさん、覚醒して最強の補助職に! ~苦節20年、役立たずと言われたアーティファクトがついに進化して八面六臂の大活躍~

掲載サイト:小説家になろう 作者:言納智大

物語導入部~

DTのおっさんであるトミーはSランククランで長年事務職として働いていたが、ある日突然、用無しとして追放されてしまう。 トミーのアーティファクトは「マジックペン」。それは太さを自由に変えられるだけのただのペンでしかなかった。 クランのトップ(クランマスター)であるガルムは手書きの報告書を廃止することを口実に目障りなトミーを追放する。 しかしそれはクラン崩壊の始まりであった。

【これからどうなるの?】
 クランを追放され、住む場所も失ったトミーは途方に暮れる。 そこでたまたま少女たちで構成されたCランクパーティーに事務職として勧誘されその申し出を受けることに。 すぐにベテランの事務職として活躍するトミー。 さらにこの後、トミーの役立たずと言われていたアーティファクトが覚醒し、「マジックペン」は本当の意味での「魔法のペン」となる。 修復魔法、付与魔法、果ては回復魔法と何にでも使える魔法のペンを使いトミーは『最強の補助職』(アシスター)と呼ばれるようになる。
 トミーに支えられたCランクパーティーは頭角を現し、Bランク、そしてAランクへと駆け上がる。

~ここまで

トミー

本作主人公でSランククラン『鋼の戦線』で事務職をしていたおっさん。

『マジックペン』というアーティファクトを持つが、ただの――マジックペン(レベル1:普通の油性ペン)

外れスキルということでクランマスターのガルムに疎まれていた。

ガルム

Sランククラン『鋼の戦線』のクランマスター。

ダニー

ガルムの腰巾着。

ヴィクトール

『鋼の戦線』を構成する4つのパーティーのうちの1つ、通称『ヴィクトールパーティー』のリーダー。

ケイン

『鋼の戦線』を構成する4つのパーティーのうちの1つ『チームケイン』のリーダー。

アンジェリーナ

Cランクパーティー『荒野に咲く華乙女団』のリーダーで剣士。

ユリア

Cランクパーティー『荒野に咲く華乙女団』で斥候をしてる。

ナイスバディでトミーをよく揶揄う。

ルージュ

Cランクパーティー『荒野に咲く華乙女団』で魔法使い。

金髪でまるで貴族のような少女。

サーシャ

エルフの美少女でCランクパーティー『荒野に咲く華乙女団』では弓使い。

無口な少女。

登場人物

こちらの作品、追放系の作品にしては常に明るく、ストレスのない作品です。

冒険の裏方である事務職に焦点を当てているのは珍しく、終始楽しんで読むことができました。

正直、設定としては穴だらけで

ただの事務職一人いなくなっただけで崩壊するクランってどうなってるの

この世界にはまともな事務職もいないのか

タイトル詐欺だろう(タイトル通りの活躍をする前に物語が終わる)

等々、正直欠点やあらが目立つ作品ですが、全くストレスなく平和な作品というのもたまにはいいかもしれません。

良かった点

事務職という裏方に焦点を当てたストーリー

悪かった点

俺たちの戦いはこれからだ!で終わる点

おすすめ度★★★☆☆

なろうで読む→【完結】Sランククランを追放された事務職DTおっさん、覚醒して最強の補助職に! ~苦節20年、役立たずと言われたアーティファクトがついに進化して八面六臂の大活躍~