伯爵様、どうか私を雇ってください!~婚約者を奪った姉を祝福するなんて無理です~

掲載サイト:小説家になろう 作者:別所 燈

物語導入部~

男爵令嬢リズは、ある日突然、前触れもなくエリックとの婚約を解消される。初恋の相手エリックを姉に奪われたうえ、家族は彼らを祝福しろと強要してくる。いや、ちょっと待ってよ。祝福しろとか無理だから。「おめでとう」が言えなくて、リズは実家を叩きだされてしまう。

 婚期はいまにも過ぎそうで、良縁は期待できない。こうなったら、一人で生きていきます。だから、私を雇ってください! 文無しの私は断られるわけにはいかないのです。八方ふさがり四面楚歌の男爵令嬢は活路を見出せるのか?

~ここまで

エリザベス・アーデン

男爵令嬢で愛称はリズ。本作主人公。
姉が白だと言えば黒い物も白になる家庭で虐げられてきた。

エリック・ウィルソン

姉マゴットと同じ年の男爵家次男。
リズの元婚約者。

マゴット

リズの4歳年上の姉。
病弱で我儘でゴミのような性格をしている。

リズの両親

リズを家の道具か貯金箱としか思っていない正真正銘の屑親。

ダニエル

ノースエデン領グレイ伯爵邸の主人。
見た目は粗野でとても貴族には見えないが、心優しい人物。

ネリー

グレイ伯爵邸の使用人。

アーノルド・ロベルタ

新しく雇われた家令。
下位貴族の三男。

登場人物

伯爵様、どうか私を雇ってください!~婚約者を奪った姉を祝福するなんて無理です~ゴミのような家族から逃げ出して幸せを目指す、比較的たくましい令嬢の物語です。

こういったざまぁ作品では珍しく、主人公がたくましくて前向きなところがポイントでしょうか。

主人公は結構ひどい目に合いますが、他の作品と比較するとましかなと感じます。

お世話になる伯爵がまるで貴族らしくないこと(見た目は粗野な男)は新鮮で、だんだん貴族らしく、リズと心を通わせる様は良質な恋愛モノとしても読みごたえがありました。

また屑親と姉がリズという貯金箱をなくして勝手に没落していくのはざまぁみろという感じです。

もちろんあっさり幸せになるのではなく、リズを攫ったり、最後まで上から目線ですがすがしいクズっぷりでした。

こういったクズたちって、これだけ行動力があるなら何でもできそうですけどね。

ざまぁされる側の描写が客観的に語られるので少し物足りませんが、最後はハッピーエンドで読後感は悪くない作品です。

良かった点

たくましい主人公

悪かった点

全体として小さくまとまりすぎ?

おすすめ度★★★☆☆

*安定した物語ですのでざまぁ好きにはおすすめです。

なろうで読む→伯爵様、どうか私を雇ってください!~婚約者を奪った姉を祝福するなんて無理です~