義妹が聖女だからと婚約破棄されましたが、私は妖精の愛し子です

掲載サイト:小説家になろう 作者:桜井ゆきな

物語導入部~

公爵令嬢のマーガレット・シルバーには、幼いときから妖精が見えていた。
だけど、それは亡くなったお母さまと2人だけの秘密。
いつか、妖精の愛し子だからではなく、マーガレット自身を見てくれる人と出会えるまでは。

~ここまで

マーガレット・シルバー

公爵令嬢にして本作主人公。
複雑な家庭環境で幼いころから虐げられる
妖精の愛し子 真なる聖女

ダニエル・シルバー公爵

マーガレットの父で終始冷たい態度。

シンシア

マーガレットの義妹。
複雑な家庭環境と母のせいでどうしようもない人間になった可哀想な子。

カナン・キーファ

公爵令嬢でライバルキャラ?
人によって態度を変えることがない。
ツンデレ?

ソフィア男爵令嬢

マーガレットの初めての友達。

ルイス・モーガン伯爵子息

将来の側近候補のお1人である宰相のご長男
冷徹眼鏡で口うるさい。
マーガレットとの出会いは最悪だったが・・・

第一王子のキース殿下

マーガレットの婚約者。
幼いころの勘違いと偏見から自業自得の運命をたどる。

登場人物

義妹が聖女だからと婚約破棄されましたが、私は妖精の愛し子ですはテンプレ婚約破棄ものの形をしたラブコメ作品です。

継母や妹の態度や嫌がらせ、それに騙される王子などはテンプレでそこまで見るべき点はありませんが、まさかの恋愛相手とそのやり取りは楽しませてもらいました。

こういった婚約破棄ものでは

1・主人公が意味不明に虐げられる

2・クズな登場人物

3・クズたちにざまぁしてついでに幸せになる

こういった段階を踏む作品が多く、主人公が幸せになるのはついでで、いかにざまぁされるかに重点が行きがちです。

この作品はめずらしくラブコメに重点が置かれており、しっかりざまぁしながらも幸せになる主人公が本当に気持ちが良く読後感が良かったです。

虐げられる家庭環境にもきちんと理由があり、そういった苦悩や葛藤が描かれる様も全体的にバランスが良かったと思います。

出だしはいつものテンプレかと思いましたが、予想以上に面白い作品でした。

良かった点

主人公が虐げられる理由がしっかりしていること

ラブコメが微笑ましい

悪かった点

妹が掘り下げられればもっと良かった

おすすめ度★★★★☆

*比較的恋愛関係がしっかり描かれているのでハッピーエンドが際立つ。

なろうで読む→義妹が聖女だからと婚約破棄されましたが、私は妖精の愛し子です