もう獣将姫さまの戦利品~身代金さえ惜しいんだろ? たとえ奴隷でも高く『買って』くれる相手を選ぶ権利はある。知る人ぞ知る王家の奴隷、知らぬは当の王家のやつばかり。

掲載サイト:小説家になろう 作者:八針来夏

「王室の所有奴隷イスハル解放のための身代金の支払いを、王国の次期王位継承者、ヴァカデスの名において拒否する!」
 
 王家に仕える奴隷、イスハルは無能な王子の代わりに負け戦のしんがりを務め、全軍を撤退させる大功を立てた代わりに敵対する獣氏族の捕虜となる。
 金を惜しんだ無能な王子に見捨てられたイスハルだが、彼の身柄を欲したのは敵の獣将姫ことレオノーラだった。

「これであなたはわたくしのものですのよ、イスハル」

 一方王子は身代金を支払わずに済んだと自画自賛していたが……帰国した彼を待っていたのはイスハル帰国を待ち侘びる王だった。
 そしてたった一人の奴隷によって支えられてきた国家は、次第に崩壊していき……。

作者が「人気が出そうなタイトルと有能主人公の追放、ざまぁ展開で読者を呼ぶんだ!!」と言っているように、追放・ざまぁのテンプレ的作品。

設定がちょっともの珍しく、主人公は奴隷で糸使い?といった珍しい能力を持っていたところでしょうか?

この能力も何百体ものからくり人形を同時に操れるといったとんでもないチートなのですが、魔法がメインのなろう世界においては新鮮に感じました。また、からくりによるロボットもうまく使えば、他の作品とは違った面白さが演出できそうではあります。

短編にしては文章量も多く、主人公の能力やちょっとした人間関係も掘り下げられていたので読みごたえはあるほうです。

これからのラブコメ展開を匂わせる形で終了しましたが、連載版も始まったようなのでそちらのほうも気になりますね。(短編ではざまぁ展開も暗示されるにとどまっているため)

おすすめ度★★★☆☆

なろうで読む→もう獣将姫さまの戦利品~身代金さえ惜しいんだろ? たとえ奴隷でも高く『買って』くれる相手を選ぶ権利はある。知る人ぞ知る王家の奴隷、知らぬは当の王家のやつばかり。(短編版)

なろうで読む→【連載版】もう獣将姫さまの戦利品~身代金さえ惜しいんだろ? たとえ奴隷でも高く『買って』くれる相手を選ぶ権利はある。知る人ぞ知る王家の奴隷、知らぬは当の王家のやつばかり。