背景令嬢は礼儀を説く

掲載サイト:小説家になろう 作者:ツネツ・ネツネ

男爵令嬢であるアガサ・ゴードンは派閥に属さないボッチな『背景令嬢』である。ある日、編入生の男爵令嬢が公爵令嬢の取り巻きに囲まれているところを目撃する。背景の様に静かに関わらないでいたら、件の男爵令嬢に絡まれてしまった。とりあえず、悪目立ちをしている理由を説明しよう。

一応婚約破棄が絡む短編ではありますが。主役がモブ(背景令嬢)だったり、ライバルヒロインの行動が誰かにそそのかされたものなど流れとしては興味深い作品です。

たいていこういった作品では、不快な登場人物が出てきてざまぁされるのが定番なのですが、誰一人不快な登場人物が出てこないのは良いかも。(ライバルヒロインもちょっとおバカですが、話せばわかる人物)

話の流れ的には奇をてらっていて興味深いのですが、全体の流れが淡々としている、登場人物が主人公を含めて空気なため印象の薄い作品でしたね。

おすすめ度★★★☆☆

*話の流れはちょっと変わっていますが、いたって普通の作品。

なろうで読む→背景令嬢は礼儀を説く