恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。~妹と結婚した片思い相手がなぜ今さら私の元に?と思ったら~

1月 6, 2021

恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。小説情報(粗筋・掲載サイト・作者など)

掲載サイト:小説家になろう・アルファポリス 作者:永野水貴

令嬢ウィステリアは、美しく優しい公爵家令息ブライトに恋をしていた。
彼との婚約を目指し、悪評にもめげず努力を重ねる。
けれど、ブライトがより気さくに接するのは義理の妹のほうだった。

あるとき、義妹が生贄に選ばれてしまう。
回避しようと奔走する中、ウィステリアはブライトの気持ちを知ってしまう。

やがて決定的な言葉を告げられ、傷つき孤独になったウィステリアは、義妹の身代わりで生贄となる。
そこで命を落とすはずだったが…。

これは傷つき孤独を抱えた元令嬢と、すべてに恵まれたがゆえに何も執着しなかった青年の物語。

恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。個人的なレビュー・感想など

この作品、失恋から始まるラブコメといったところでしょうか。

物語は生贄として選ばれ、死んだはずの主人公が23年後の世界でも生きていて・・・というところから始まり、他に例を見ない展開が魅力的な物語です。

更新頻度も安定しており、おそらく最後まで安定して投稿されるのではないでしょうか。

この先が楽しみでしょうがない作品です。

この作品は簡単に言えば、自らの愛する相手を守るために、自分の事を好きな女を身代わりにしたゴミ男の息子と、捨てられた主人公のラブコメ作品です。(シリアス寄り)

他のざまぁ作品のように、基本善人で悪人ではないですが、やっていることは最低でとにかく胸糞が悪いです。

生贄に選ばれた妹の身代わりを、愛する相手にお願いされる(生贄=死亡という世界で)

犠牲になった上に、様々なところのメンツのために悪評をばらまかれる

妹やその他は直接かかわっているわけではないが、その悪評を否定も肯定もしない

いじめでも直接いじめた人間以外、傍観しているだけでも罪になるっていいますよね。

主人公に身代わりをお願いした男も、妹も、それに関して心の中では後悔しているのでしょうが、黙っているだけでゴミクズですよ!

個人的には地獄に落ちろ!って感じですが、主人公が割り切っているにしてもそれなりの目に合わないと、この作品は自分にとってゴミになり下がります。

ネタバレ

恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。の評価

良かった点

良くも悪くも引き付けられるストーリー

悪かった点

胸糞展開放置(現在)

おすすめ度★★★☆☆
結末次第で評価が変わる作品。良くも悪くも引き込まれる。

恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。を読む

なろうで読む→恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。~妹と結婚した片思い相手がなぜ今さら私の元に?と思ったら~

恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。書籍化情報その他

同一作者の小説

永野水貴 先生の作品一覧を見る

永野水貴さんは以下の作品で書籍化・コミカライズが決定しています。

お探しの初恋相手はたぶん私です、とはとても言えない。~逃亡した元聖女、もふもふをこじらせた青年と再会する~講談社palcyにてコミカライズ決定