【完結】妹が私から何でも奪おうとするので、敢えて傲慢な悪徳王子と婚約してみた〜お姉様の選んだ人が欲しい?分かりました、後悔しても遅いですよ

1月 6, 2021

妹が私から何でも奪おうとするので~小説情報(粗筋・掲載サイト・作者など)

掲載サイト:小説家になろう・アルファポリス 作者:冬月光輝

ファウスト侯爵家の長女であるイリアには、姉のものを何でも欲しがり、奪っていく妹のローザがいた。
それでも両親は妹のローザの方を可愛がり、イリアには「姉なのだから我慢しなさい」と反論を許さない。
妹の欲しがりは増長して、遂にはイリアの婚約者を奪おうとした上で破談に追いやってしまう。

「だって、お姉様の選んだ人なら間違いないでしょう? 譲ってくれても良いじゃないですか」

大事な縁談が壊れたにも関わらず、悪びれない妹に頭を抱えていた頃、傲慢でモラハラ気質が原因で何人もの婚約者を精神的に追い詰めて破談に導いたという、この国の第二王子ダミアンがイリアに見惚れて求婚をする。

「ローザが私のモノを何でも欲しがるのならいっそのこと――」

イリアは、あることを思いついてダミアンと婚約することを決意した。

「毒を以て毒を制す」――この物語はそんなお話。

妹が私から何でも奪おうとするので~個人的なレビュー・感想など

「婚約破棄系ざまぁ作品の一つか、短編だし暇つぶしに読んで見るか」と思って読んで見たのですが、ひねりのある展開にうならされました。

短いですが、非常によくできた作品の一つです。

粗筋を見た読者は、なんでも欲しがる駄目な妹に、評判最悪の婚約者を押し付ける、奪ってもらってざまぁを成し遂げる。

そんな話と勘違いしてしまいますが、実際には違います。

ひどい行いをしていた妹は本当に悪気がなく、王子に洗脳(調教)されたり

評判の悪い王子を妹に押し付けて婚約破棄してもらうつもりが、実は王子に利用されていたり

今までに見なかった仕掛けで非常に楽しめました。

そこまで不快な人物が出てこなかったのも良かったです。(妹が結構悲惨な目に合っているからかもしれませんが・・・)

ネタバレ

妹が私から何でも奪おうとするので~の評価

おすすめ度★★★★☆

妹が私から何でも奪おうとするので~を読む

なろうで読む→【完結】妹が私から何でも奪おうとするので、敢えて傲慢な悪徳王子と婚約してみた〜お姉様の選んだ人が欲しい?分かりました、後悔しても遅いですよ

妹が私から何でも奪おうとするので~書籍化情報その他

作者の冬月光輝さんは、小説家になろうで2年ほど活動されている方で、今回紹介した「妹が私から何でも奪おうとするので、敢えて傲慢な悪徳王子と婚約してみた〜お姉様の選んだ人が欲しい?分かりました、後悔しても遅いですよ」以外にも多くの作品があります。

冬月光輝 先生の作品一覧を見る

また、当サイトでも同じ作者さんの妹と旦那様の間に子供が出来たので離縁したのですが、まもなくして幼い日の約束を果たすと隣国の王子が迎えに来ましたを紹介しています。

ランキング上位に位置する作品ですので、気になる方はこちらの紹介ページも参照ください。