超世界転生エグゾドライブ -激闘!異世界全日本大会編-(完結)

1月 5, 2021

超世界転生エグゾドライブの小説情報(粗筋・掲載サイト・作者など)

掲載サイト:カクヨム 作者 珪素

西暦20XX年。
この世界とは異なる現実の実在が証明された世界。
技術の急激な発展によって、かつては奇跡であった異世界転生は今や競技となり、世界救世は娯楽と化した!

世界を行き来する転生装置ドライブリンカー。
絶大にして無敵の力を与えるC(チート)メモリ。
人生の優位を競うIP(イニシアチブポイント)。
そして異世界転生技術を悪用する、謎めいた組織――

使用不能のCメモリ【世界解放】を持つ中学生、純岡シトは、数限りない強敵との異世界転生を通じて、謎と戦いの渦中へと身を投じる!

超世界転生エグゾドライブの個人的なレビュー・感想など

WEB小説では、追放・ざまぁ系とか俺TUEEE系とか、悪役令嬢系、その他さまざまなジャンルの物語があります。(最近強いのは追放・ざまぁ系の作品ですね。)

この作品は、そういったジャンルにとどまらない異色な作品で、対戦によってはどのジャンルの話にもなるといった不思議な作品。(アイデアの勝利

競技として異世界転生ものをやっており、RTA的要素があったり、様々です。

そういった要素はむしろオマケであり、本質的には4つのメモリを組み合わせて競い合う頭脳バトルにあります。

3つのメモリーは公開されますが、最後の一つは登場人物はもちろん読者にも分からないようになっているため、今回はどういった仕掛けが用意されているのか?とワクワクさせてくれます。

それを補うのが、異世界要素であり、少年漫画のような熱い展開で終始盛り上げてくれます。

遊戯王とかのカードバトルが好きな人は気に入るのではないでしょうか。

ありきたりなジャンルに飽きた人にお勧めできる熱い作品の一つです。

超世界転生エグゾドライブ説の評価

良かった点

異世界要素を贅沢に使える設定

カードデッキのような頭脳バトル

悪かった点

ご都合主義

おすすめ度★★★☆☆
通常の異世界ジャンルに飽きた人に特におすすめ

超世界転生エグゾドライブを読む

カクヨムで読む→超世界転生エグゾドライブ -激闘!異世界全日本大会編-

超世界転生エグゾドライブの書籍化情報その他

超世界転生エグゾドライブ -激闘!異世界全日本大会編-は、ノベルとコミカライズの両方が出版されています。

特にコミカライズは、原作の雰囲気をうまく再現しているのでおすすめですね。