レイドール聖剣戦記(王道ファンタージー戦記物・追放・ざまぁ有)

1月 5, 2021

レイドール聖剣戦記の情報(粗筋・掲載サイト・作者など)

掲載サイト:小説家になろう 作者:レオナールD

ザイン王国第二王子として生まれ育ったレイドール・ザイン。
優しい兄と忠実な家臣に囲まれて穏やかな生活を送っていたレイドールであったが、成人の儀式で王家に伝わる聖剣『ダーインスレイヴ』に選ばれたことでその運命は大きく変わってしまう。
兄王子からは自分の王権を脅かす敵として憎悪されて、家臣や婚約者にも見捨てられて、たった一人で辺境の開拓都市へと追放されてしまった。

それから魔物の巣窟である辺境で必死に生きてきたレイドールは、周囲の信頼を勝ち取り、貧しくも過酷な生活の中で仲間達と新たな幸せを見つけた。
しかし――隣国であるアルスライン帝国がザイン王国に侵略を開始したことで、再び運命が動き出した。
帝国の侵略から王国を守るために兄から戦うように強要されたレイドールは、自分を追放した者達のあまりに身勝手な要求に反逆を決意する。

追放された王子が聖剣を手にしたとき、新たな英雄伝説の幕が開く!
『反逆』から始まる聖剣伝説。ここに開幕!

レイドール聖剣戦記の個人的なレビュー・感想など

追放ざまぁが切っ掛けではありますが、本作は王道のファンタジー戦記物になります。

追放された兄王との確執が根本にありますが、主人公であるレイドールが成り上がっていく成長物語が見ものです。

辺境に追放されたが、たくましく成長した主人公。

そこに王国の使者として今更現われた元婚約者。

兄王との腹の探り合いなど、ありがちな展開ではありますが、文章力が高いのでつい引き込まれる作品です。

きちんと芯の通った作品ですので、「いつまでもざまぁがされないじゃないか!!」とストレスを感じることもあまりありません。(徐々に落ちぶれていきますし、通常の物語とのバランスもいいのではないでしょうか。ヘイトを稼ぐだけ稼いでほとんど触れない作品はストレスがたまりまくってムカつきます💢)

登場人物も敵を含めて魅力的で、群像劇としてもすぐれていると思います。

良質な成り上がりものが読みたい人には、おすすめの作品の一つです。

レイドール聖剣戦記の評価

良かった点

王道ではあるが、先が読みたくなる熱い展開

登場人物たちが魅力的

悪かった点

王道過ぎて特に際立った点が見当たらない

おすすめ度★★★☆☆
*王道成り上がりファンタジーが好きな人におすすめ

レイドール聖剣戦記を読む

なろうで読む→レイドール聖剣戦記

レイドール聖剣戦記の書籍化情報その他

現在書籍化情報はありませんが、小説家になろうではいくつかの作品を投稿しています。

レオナールD 先生の作品一覧を見る